また会う日まで

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ、八ヶ岳へ行こう

<<   作成日時 : 2008/07/20 23:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3連休なので、1日はたっぷり自転車乗りたいと考え、以前から思案していた、実家のご近所さんの山小屋をお借りして、八ヶ岳を自転車で走る計画を実行しました。

画像


八ケ岳までは、車で輪行しました。いや、夏休み突入の3連休、梅雨明け宣言も重なり、中央道朝6時台から渋滞です。おかげで、9時頃に山小屋着きました。場所は、JR甲斐大泉駅近くです。周囲は、バイクのツーリングや家族連れの車でいっぱいです。

ルートは、甲斐大泉→長坂方面へ下り→28号を清里へ向けて上り→清泉寮を抜け→八ヶ岳高原ラインを小淵沢方面へ→太平の交差点を八ケ岳鉢巻道路→485号を下り→突き当りを八ヶ岳小淵沢リゾートアウトレットモール方面→道の駅小淵沢→小淵沢絵本美術館→609号を甲斐小泉駅まで上り→甲斐小泉から八ケ岳高原線に並行した道を甲斐大泉まで

さっそく走りはじめから、ずっと上りです。いままで、走ったことあるアップダウンとは訳違います。だって、ずっと登りなんですもの。あっという間にダウン状態です。何回も自転車降りて、歩いたり、休んだり。もう、清里までいったら、戻ってこようっと心に固く決めて休み休みゆっくりゆっくり登って行きます。清里の入口で、すこし楽になったので、もう少しだけ行ってみようかと思ったのが間違いでした。やっぱりずっと登りです。しかも、この道、周りに牧場や清泉寮があり、かなりの観光地です。周りは、高原を満喫している幸せいっぱいのファミリーばかりです。その中、死にそうな顔でもがき、くたばって休んでいる自分は、かなり浮いていました。はずかしぃー。

画像


なんとか清泉寮まで来ました。駐車場の警備員のおじさんに、あとどのくらい坂続くか聞いたら、「もう少し、突き当りまで行けば、あとはそんなに大したことない」って、親切に教えてくれました。その言葉を信じて、もうちょっともがきました。

画像


なんとか上り切り、八ケ岳高原ラインです。ここからは、アップ一辺倒ではなく、アップダウンがあるので、なんとか漕いで行けます。

画像


紅葉で有名な「赤い橋」です。ここは、秋に来ると、一面紅葉ですごいですよ。

画像


やっぱり、八ケ岳はソフトクリームっでしょ! 「赤い橋」の手前の展望台でゲット!!

画像


画像


まきば公園付近の景色です。遠い山々に雲がかかっていて、絶景とまではいきませんでした。雲ひとつない日なら、ここからの景色は感動ですよ。

天女山入口を過ぎると、ここからは、ダウンヒルです! ぷるぷるるるぅぅ! うひょー!気持ちいいぃぃ!!

画像


時々、コンビニ入ったときのクーラーのような涼しい(冷たいに近い)風がよぎります。ほんと、気持ちいぃ!

画像


画像


485号のダウンヒルも、また、いい感じです。

画像


そして、道の駅小淵沢で、足湯につかります。結構お湯熱かったです。

下ったら、やっぱ、登らなきゃだめぇ。。。。ですよねぇ。。。
もうぅ、自転車漕げません。すんません。テクテク歩きます。

甲斐大泉に行きたかったのですが、上がるところ間違えて、甲斐小泉に出てしまいました。半べそかきながら、地図見てたら、地元の人が、親切に声をかけてくれました。で、八ケ岳高原線に並行した道を教えてもらいました。ほんとありがとうございました。この道は、アップダウンが続き、緑に包まれた、何となく神秘的な道でした。ここは、なんとか気持ちよく漕ぐ事ができました。

なんとか、甲斐大泉に生還しました。
いや。とにかく、登りにやられました。まったく、歯が立たない状態です。これから、徐々に馴らしていって、こんな坂も、楽しく登れるようになるといいんですが。いつか、八ヶ岳一周もしてみたいです。
ちなみに、帰りは、中央道、大渋滞でした。

神様、今日も無事に楽しむことができました。ありがとうございました。

 走行距離: 47.82 km


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
そうだ、八ヶ岳へ行こう また会う日まで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる